Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // プロに習うべきメリット・デメリットを正直に解説

Blog ブログ

CATEGORY


ブログ

プロに習うべきメリット・デメリットを正直に解説

習い事を始める際に一番重要なのが、「どのような先生に習うか」ということです。
先生によって教え方の良し悪しがどうしても出てくるので、上達のスピードも大きく異なります。また、先生の人柄というのも考慮しておきたいところですよね。
もちろん上達への一番の方法は、その道のプロに習うことなのです。しかし、プロに習う上でのデメリットもあります。せっかく習うのであれば、きちんと上達できるように、プロに習い事を教わる上でのメリットやデメリットについて紹介していきます。

 

習い事をプロに習うことで得られるメリット4選


あなたは趣味を持っているでしょうか。仕事が休みの日や余暇の時間に楽しみがあると、日常にも張り合いが出ますよね。 世の中には沢山の趣味があると思いますが、皆さんは趣味を始める時、あるいは趣味を続けていくうえで、一人で楽しんでいますか?それともプロに習っているでしょうか? 「プロに習うとお金がかかるし…」や、「趣味だから自分一人で楽しめれば…」という人もいると思います。しかし、プロに習うとメリットが沢山あるんです。早速紹介していきましょう。

 

1.きちんとしたアドバイスがもらえるので上達が早い


一番のメリットは、プロに習うときちんとしたアドバイスをしてもらえるため、上達が早くなることです。自己流で、試行錯誤しながら上達を目指すのも楽しいですが、早くうまくなりたい人にはプロに見てもらうのが一番です。
また、きちんと基礎から見てもらえるため、誤ったやり方が身についてしまう心配もありません。一度間違った方法で覚えてしまうと、やり方を矯正するのが大変ですよね。そこで嫌になってしまう人もいると思います。せっかく始めた趣味です。長く楽しむためにも、正しいやり方を学べるというのは大きなメリットなのです。

 

2.個人レッスンで自分のペースで効率的に成長できる


プロのレッスンには個人レッスンと集団レッスンがあると思いますが、人目が気になるということで個人レッスンが気になっている方も多いと思います。
個人レッスンの何よりのメリットは、人目を気にせず自分のペースで練習ができるということです。その上、プロに習うので先生が一人ひとりを見極めて、自分にあった自分だけのレッスンを行うことができるのです。
また、自分を出すことができるという事で、ストレスなく練習に打ち込むこともできます。仕事や勉強に追われ忙しい日々の中でも、自分の好きなことである習い事では楽しく上達できたほうが良いですよね。

 

3.のどの痛みや指のケガなどを防止できる


自分一人で練習していると、気づかない間に間違ったやり方が身についてしまうことがあると思います。矯正も大変ですが、何より心配なのが身体を痛めてしまうことです。
例えば音楽教室であれば、無理をして歌ってのどが痛くなったり、楽器の持ち方を間違えてケガをしてしまったりしてしまうことが考えられます。そうなったら、せっかく楽しんでいた趣味が台無しですよね。プロに見てもらえれば、こんな事態を防止できます。仮に不測の事態が起きてもすぐプロに相談でき、疑問を解消できるのは大きなメリットです。

 

4.プロとして仕事をもらう際の人脈ができる


音楽のプロになろうと考えている人なら絶対に必要なのが「人脈」です。音楽の世界は実力主義ではありますが、プロとして仕事を取るとなると実力があるだけでは不十分です。実力があることを業界の人に知ってもらえなければ、どんなに演奏技術が優れてして仕事はもらえません。
音楽教室に通って講師など業界とつながりのある人との人脈を作っておけば、将来的に仕事をもらえる可能性のある人を紹介してもらえるかもしれません。1から人脈を築くのは簡単ではありませんが、音楽教室は人脈を作る良いチャンスです。

 

プロに教えてもらう際に避けられないデメリット2選


プロに教えてもらえるのは大きな魅力ですが、何事にもデメリットはつきものです。プロに教えてもらうことによるデメリットも少ないながら存在します。教える人と教わる人の相性によってはプロに教えてもらったことで逆に上達が阻害されたり、将来的な進路に影響したりすることもあります。
こんなはずではなかった、ということにならないためにもこれから紹介するプロに教えてもらうデメリット2つを知っておきましょう。

 

1.プロの先生が厳しいレッスンを行う場合もある


プロの音楽家は技術を身につけています。自分の技術を基準にレッスンを行うので要求されるレベルは一般的な音楽教室よりも高いものになることがあります。
高レベルのレッスンが受けられるのはいいのですが、人によっては厳しいレッスンだと感じる場合もあり、厳しいレッスンについていけず音楽教室を断念せざるをえないところにまで追い込まれてしまうということも考えられます。プロならではの真剣さゆえの厳しさですが、良し悪しは体験してみるまでわかりません。

 

2.高い月謝を払わなければならない


プロの音楽家は忙しい本業の合間を塗ってレッスンを行います。高い技術を持つプロの限られた時間をレッスンで拘束しているのですから、それに見合うだけの月謝が必要となります。
プロのレッスンが受けられる音楽教室の月謝は総じて水準より高めで、場合によっては相場の5倍以上の月謝が必要なこともあります。しかし、先生によっては一般の音楽教室と同等のケースもあり、その金額は大きく異なりますので、レベルの高さやプロに教えてもらえるという希少性を考えて自身に合った先生を探しましょう。

 

本気でうまくなりたいならプロの先生がおススメ


本気で歌が上手くなりたいと思っている人は、プロの先生の音楽教室がおすすめです。
プロの先生はその経験値から学ぶことが多く、質が高く有意義なレッスンを提供してくれます。そのため普通の音楽教室に通うよりも早い上達が見込めます。
長い時間や期間通ってレッスンを受けるよりも、短い時間、短期間でも集中してプロの先生にレッスンをつけてもらった方が早く上達するので、総合的に見ればレッスン費用も安く抑えられたということもあります。

 

プロの先生に習うメリットは大きい


音楽教室にもいろいろありますがプロの先生に習うメリットはかなりのものです。
高いレベルのレッスンは上達の近道ですし、将来的にプロの道に進むきっかけを作ることもできます。著名なプロのレッスンを受けられるのはそれだけで充足感が感じられ、飽きっぽい人でも休むことなくまじめにレッスンに通うモチベーションにもなります。
費用が高い場合もあるなどデメリットもいくつかありますが、本格的に音楽を習う気持ちがあるのなら総合的に考えて音楽教室に通うならプロの先生がいる教室がオススメです。

ブログ一覧